STEP4 -上手いこと使ってコスパUP-

せっかく大好きな家電と巡り合えたのに宝の持ち腐れだともったいないです。

便利で上手な使い方をすることで

コスパも良くなり、耐用年数が伸びる事だってあります。

今お持ちの家電でも試すことができるので今すぐチャレンジ!

上手いこと使ってコスパUP

使い方ってそんなに大事?

せっかくお得に家電を購入できたのに思っていたより早く壊れてしまったらどうでしょう?

  • 純粋に悲しい
  • そのメーカーに対する怒りが止まらない

といった方がほとんどだと思います。

しかし家電製品である以上壊れてしまうのは宿命です。初期不良の可能性は例え大手メーカーでも0とは言えません。

延長保証に入っておく事も大事ですが、保証が切れた直後に壊れてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このSTEPでは耐用年数、使い方、壊れやすい部分をしっかり学んで出来る限り長い時間使えるようにお力添えをしていきたいと思います。

良い使い方をしたらどんな良いことがあるの?

  • 使い方で本当に家電の持ちって変わるの?
  • 自分の家電なんだから自分の好きなように使いたい!
  • 面倒なことはしたくない。手間のかからない方法で長持ちさせたい。

実際僕が販売員の頃はお客様からこんな声を多く頂きました。

生活を楽にする為の家電なのに逆に家電の世話をするってどういう事?と思われる方も多いでしょう。

確かに面倒かもしれませんがデメリットを減らすだけでなくメリットを増やす事もできるのです。

以下では何点か例を挙げてみます。

お得になる使い方の代表例

炊飯器の場合 -内釜をちゃんと拭く-

炊飯器の使い方で1番気をつけて頂きたいのは内釜についた水滴です。

店員さんが挙げる1番気をつけるポイントは内釜で米を研ぐと釜が痛むのでやめた方がいいという方が多いと思います。

もちろんこれも正解ですが、内釜を濡れたまま使うと内釜よりも本体が壊れる可能性が高くなります。

実際に炊飯の用意をしている際に取り扱う物といえばお米と水の2点です。

そんな時に気を付けてもらいたいのが内釜の外側に付いた水滴です。

なぜ外側についた水滴が良くないか?これはIHと釜の接触面に水がついてしまうと故障の原因になってしまうからです。

しっかりと釜の外側は拭いてあげることで本体の故障の原因を減らす。これはデメリットを減らすことになりますね。

では何かメリットはあるのでしょうか?

答えは内部の温度調整を上手にできるようになるので美味しく炊ける期間が長くなるという事です。

実際、安い炊飯器を買った場合でも新品の時は美味しいと感じますよね。

この状態から劣化に劣化を重ねたことによって数年経った炊飯器は

A子さん

なんかお米黄色いし、固いし、美味しくない。
早く新しい炊飯器が欲しい!

こうなってしまう訳です。

炊飯器は毎日のご飯のおいしさに直結する部分なのでぜひともひと手間加えてみてください。

ドラム式洗濯機の場合 -乾燥ダクトの詰まり-

ドラム式洗濯機を使用されている方が1番気になるのが乾燥エラーではないでしょうか?

数年しか使ってないのに乾燥だけ使えなくなってしまった。これはドラム式あるあるの一つです。

これは内部の熱交換器ダクトについた汚れ、埃が原因です。

こういった内部のお手入れをしていないと約2~3年も経たない内に埃が詰まりに詰まって乾燥が出来なくなるという事です。

残念ながらこの詰まりだけは完全に0にする事が出来ません。

こういった詰まりを解消するために日頃からお掃除ブラシでお手入れをしておき少しでも延命させましょう。

出来る限り長く頑張ってもらい、3~4年を目途に一度業者クリーニングをする事がオススメです。

そこから3~4年後にまた調子が悪くなる時期に入ってきますが、その頃には耐用年数の7年を超えているので買替えのタイミングになるでしょう。

結構短い!と思われる方も多いかもしれませんが実は縦型洗濯機の耐用年数も7年くらいなんですよ。

使い方さえ間違えなければ洗濯~乾燥までワンタッチで終わらせてくれる最強家電と名高いドラム式洗濯機。

ぜひとも家事の一端を担ってもらい快適な生活を長続きさせていきましょう。

ドラム式洗濯機のデメリット
【掃除も大事!】ドラム式洗濯機のデメリット

エアコンの場合 -フィルターのお手入れ-

家電のお手入れの中でも一番身近な作業がエアコンのフィルター掃除ではないでしょうか。

フィルターのお掃除をするだけでお部屋の清潔度が上がるだけでなく、エアコンの効きも格段に良くなります。

適度にお手入れをしてエアコンを長持ちさせてあげましょう。

今まで掃除したことなかったという人も、いつも苦労しているという人も一度読んでみてください。

家電は壊れる前に買う

実際に満足して買った家電も耐用年数がくると徐々に機能が劣化していきます。

いわゆる寿命です。

B子さん

なんとか長持ちして貰って買替えを避けたい!

と思う方も多いと思いますが残念ながら不可能です。

  • 耐用年数を超えた
  • 異音、性能の低下等、劣化がわかるようになってきた

こういった症状が出てきたら早いうちに買替えを検討する事をオススメします。

B子さん

もしかしたらまだ1~2年は持つかもしれないのに?

こう考えるのもごもっともですが早めの買替えをする事で以下のメリットがあります。

  • 一年を通して一番安い時期を選んで購入できる
  • 商品を選ぶ時間に余裕が出来る
  • 商品によっては売ったり、無料で引き取ってもらえる事がある

こういった点を加味して考えると数万円単位で得をすることになります。

日本人の美徳として一つの物を長く大切にすることは立派な心がけですが、それで損をしては意味がありません。

STEP3では値引きのやり方を紹介しましたが、下手な値引交渉をするよりも壊れる前に買う方が得する事は多いです。

詳しくは下記記事にて説明をしていますのでぜひ読んでみてください。

家電は壊れる前に
【値引交渉よりコスパ◎】家電をお得に買う唯一の方法

以上STEP1〜4がかでろぐで学べる全てになります。

ご自分の状況に合わせてお好きな記事を読んでみてください。

それではかでろぐをお楽しみください。

TOPへ戻る